ファンダメンタルズ(経済

-

-

FX(外国為替証拠金取引)の面白みは、単一の投資商品であるはずが、資金投下の期間を短い・普通・長いの中でどれを選択するかということによって投資の仕方が大きく変わってくることにあると言われます。

まずは外貨への投資の「長期の投資」に関して見てみましょう。

長期のスタンスというものは一年以上の出資を前提にしているのです。

普通は為替レートにおいては、一年も先々の為替相場は円高であるか、それとも円安であるかを予想するということは普通は無謀なはずです。

普通は、「後々の将来のことは予言できない」と思うのが当然のことです。

予想もできないものを懸命に予言しようとしても、そんなことは無謀な行為です。

そのため、他国の貨幣を買った場合、買った時の価格よりも円が高くなったとしてもその損失分はしばらく経てば円安になるだろうという気楽な気持ちでチャレンジすることが必要です。

為替の差益を一生懸命に上げることよりも、それ以外の収益、つまりはスワップポイントを上げるというのを、一番最初の目的にして投資してみましょう。

当然のことながら、為替変動の為のマイナスがひどくなることがあります。

したがってそのような損失にも耐えられるようにレバレッジを最小限で売買するのはポイントです。

外国為替証拠金取引は、損がある金額以上に大きくなると、追加保証金(追い証)を求められたり、またはロスカットになったりします。

ストップロスになったら直ちに売買をフィニッシュする必要があり、長期取引はストップします。

例のようなリスクを避けるには、レバレッジ2?3倍あたりで売り買いするのが安心です。

2番目に中期の投資での売買を見てみましょう。

中期の投資では一番長くて1?2ヶ月程経った頃を予測してのやり取りを行うのです。

為替売買の場合は、約1ヶ月先のことは、だいたいの場合推測しやすいでしょう。

G7のような国際閣議とかマーケットに参加している人たちがどのようなところに注目しているのかを確認してみればいくらか想定できるでしょう。

ファンダメンタルズを見つつグラフを見ることで為替のレートのレベルを把握できるようになり、どちらのポジションかを見定める方がいいでしょう。

基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルのどっちも良い方向であり、あるいはどちらも買い傾向が同様であれば、ほとんどその様に動いていくと思って良いのです。

そうした時は持ち高を増やしておく事で大きな儲けをもらえるのです。

最後は短期の要点です。

ここでいう短期のスタンスはすなわちデイトレを示しています。

為替相場で日計り取引をする場合ファンダメンタルズは関係ないと断定していいです。

なぜなら次の日の為替相場の動向に経済情勢は関連がないからです。

ここでの、一番の重要ポイントは大きい事柄があると、そのおかげで為替のレートが目立って変化する機会を狙って取引することです。

たとえばアメリカ合衆国にて雇用統計が公表される、はたまた金融政策などで制作金利が変動するほどのこと。

こういった絶好の機会に動きを捉えるという理由から、短期トレードは高度な知識が欲しいところである。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ecuadorcrea.com All Rights Reserved.