www.ecuadorcrea.com

-

-

愛車を売却する際、また売却手続き時も印鑑証明というものが必要です。この印鑑証明について解説していきます。印鑑証明というのは、その印鑑が実印として効力を持つということを裏付ける目的の書類です。この書類がないのであればその印鑑について実印であるという事実が証明できません。大きなお金が動く売買になる車の売却なので実印が必要ですがそれとセットで印鑑証明が出てきます。役所で印鑑証明を実際に発行するには印鑑証明をしておかなければなりません。印鑑証明に登録する印は通称、実印と呼ばれ、同じものが二つとない判子であることが必須です。印鑑を準備して近所の市役所などの案内係に行くことで、印鑑登録できます。手続きが終わると、印鑑登録カードが交付され、登録した印鑑は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明を発行してもらうには市役所などの窓口へ行き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを提示するだけでできます。それに自動交付機を使って交付することができます。印鑑証明そのものには有効期限などはありません。そのためいつ取得した印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は持続するのです。しかしながら中古車売却の時は印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものである必要があります。ほとんどの場合有効期限などはないですが車買い取り時には買い取り先が必須となる有効期限を決めているので、仮にクルマ売却の予定がある場合は、持っておく必要があります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ecuadorcrea.com All Rights Reserved.